トレイルランナー 石川弘樹 Hiroki Ishikawa オフィシャルサイト
ホーム
ストーリー トレイルランニングについて スタイル インフォメーション フォトギャラリー ダイアリー お問い合わせ

トレイルランニングについて

Trail Running(トレイルランニング)とは・・・

山や大自然のトレイル(登山道、林道)を走るランニングのことをいい、日本では古くから多くのレースが山岳マラソンや山岳耐久レースと称されていました。

北米では古くからアスファルトを走るマラソンとは違う、いちアウトドアスポーツの文化として確立していて、日本でフィットネス、日々の習慣のように行われているジョギング感覚で「山、自然の中を走る」トレイルランニングが楽しまれています。

日本での市民マラソンなみにアメリカではトレイルランニングのレースが毎週末、各地で行われていて、レースの距離も50キロ、50マイル(80キロ)、100キロ、100マイル(160キロ)と確立していて賞金を懸けたカップ、シリーズ戦も行われている。

また「Trail Runner」「Ultra Running」といったトレイルランニングの専門月刊誌も多数出版されています。

日本も近年のランニングブームとエコ、自然といった流行りのキーワードから両者を両立させたようなこのトレイルランニングがいちアウトドアスポーツとしての市民権を得ようとしています。



""
"" trail running in Chiba ""
""
""
"" Hardrock Endurance Run 100mile Race ""
""

数年前より国内でもこの専門誌が季刊誌として書店に並んでいます。以前は純粋にこのスポーツを行われることは少なく、大会や、他競技のためのトレーニングとして山を駆け巡るランナーが多かったのが現状でしたが、マラソンランナー、夕方の皇居を走るジョガ―やスポーツジムから体を動かす環境を他に求めてる人々、また登山やクロスカントリー、トライアスロン、などのあらゆる分野からこのトレイルランニングを始める人々が増えています。

また様々なアウトドアメーカーをはじめ、このスポーツのために製品(ウェア、シューズ、様々なギア等)が多数販売されています。
スポーツ、アウトドアショップではではこのスポーツ単独のコーナーが設けられるようにもなっています。

ここ数年日本国内でもこの競技(レース)に興味を持つ人口は急激に増えつつあり、国内でもっともポピュラーな山岳レースである日本山岳耐久レース・長谷川恒夫カップ・通称「ハセツネ」(71.5キロ)では2006年以降、毎年2000名以上ものエントリーがあり、募集も一日かからず定員に達する状況にあります。

その他にもレースの数は増え続け、小さいものも入れると年間7〜80近く、以前の山岳レースという名前ではではなくトレイルランニングレースとして日本各地で開催されています。

"" "" ""
""    
  このページの最初に戻る  
 
トップページに戻る
 
    ""
copyright(c)2004 Hiroki Ishikawa.All Right Reserved.